お知らせ

中国華海薬業、CPhI Worldwide 2019フランクフルトに出展

2019.11.12

中国華海薬業は11月5日からの3日間、フランクフルト(ドイツ)で行われた“CphI   Worldwide 2019”に出展した。

CphI Worldwideは医薬品原料および中間体業界で最大かつ最高水準の最も有名な見本市の1つであり、日本でもCphI Japanが、毎年3月に開催されている。CphIでは、医薬品原料の展示の他、P-MEC(医薬品原料機器・装置)、Inno Pack(医薬品包装)、iCSE(受託サービス)が同時開催され、各医薬品関連企業が積極的に参加されている。

今回の展示会では、華海薬業は中国風のテーマを打ち出し、伝統的な楽器(琴や二胡)の演奏などで、来場者の注目を集め、中国の伝統文化と華海薬業の友好的かつ誠実の文化の融合をアピールした。

中国の琴・二胡演奏

華海薬業は、中国文化、中国製薬の魅力を来場者に示し、華海薬業の「品質+革新」のコア・コンセプトのもと、質の高いサービス提供することを顧客に伝えた。 また、「初心を忘れず、使命を念頭に置いて」、国際的な事業で中国国内の製薬業界の発展をリードし、業界の他社とともに健康産業の貢献することを誓った。