お知らせ お知らせ

お知らせ

News

浙江華海薬業 ロクロニウム臭化物注射液が中国で品質再評価に適合

製品(製剤)

2022.01.12

浙江華海薬業は2021年12月27日、ロクロニウム臭化物注射液(5ml:50mg)が中国の品質再評価に適合したと上海証券交易所の公告(臨2021-111号)で発表した。

 

ロクロニウム臭化物注射液(5ml:50mg)は主に麻酔時の筋弛緩、気管挿管時の筋弛緩に使用される。本剤はORGANON社によって開発され、1994年に米国、イギリス、オランダで承認され、日本においては2007年にエスラックス静注(25㎎/2.5mL、50㎎/5.0mL)として製造販売承認を得ている。

 

浙江華海薬業は2018年7月、ロクロニウム臭化物注射液(5ml:50mg)のANDA承認をNMPAから取得しており、2021年12月に品質再評価に適合した。

 

2020年の本剤の中国市場での売上は約5億4811万元(約91億3517万円)であった(MENETデータベース)。

 

浙江華海薬業が上記製剤の品質再評価に適合したことにより、今後、臨床上優先的に使用されることになり、また、量的購買にも参加でき、シェアの拡大が期待される。

 

なお、浙江華海薬業は、現在まで、合計30品目(56規格)が品質再評価に適合したこととなった。

 

出典:上海証券交易所の2021年12月27日浙江華海薬業の公告

ページトップ