お知らせ お知らせ

お知らせ

News

第3弾 量的購買:最低価格0.21円/錠、先発は3社のみ落札

中国市場

2020.09.01

8月20日、国家レベルの量的購買が実施され、公示を経て8月24日に上海集中入札購買管理事務所のウェブサイトで正式な結果が公布された。

浙江華海薬業の結果は、こちらをご確認下さい。

今回の量的購買では、一般的に使用されている医薬品の多くが最低価格に達し、参加企業の担当者の中には「水は医薬品よりも高い」と渋々受け入れる心情を漏らした。

 

激戦の品種、最低価格0.21円/錠

今回落札された55品種を基準価格(最高有効申請価格)と比較すると、値下げ率の平均は70%を超え、値下げ率の最高は98.72%だった。また、MENETデータによると、16品種は激戦となり、90%以上の価格低下があった。さらに34品種では、単価が0.1元(1.5円)未満となった。

超低価格となった品種はメトホルミン塩酸塩錠剤とカプトプリル錠剤の2品種に集中しており、メトホルミン塩酸塩錠、メトホルミン塩酸塩CR錠およびカプトプリル錠の3つの価格は、それぞれ平均82%、71%および93%減少していた。

メトホルミン塩酸塩錠、メトホルミン塩酸塩CR錠、およびカプトプリル錠剤の入札申請企業は11社以上あるが(メトホルミン塩酸塩錠は28社、メトホルミン塩酸塩CR錠は19社、カプトプリル錠は12社)、入札ルールにより、落札できるのは8社のみであるため、結果的にその2品種は激戦となり、カプトプリル錠の最低単価は0.014元(0.21円)、メトホルミン塩酸塩錠の最低単価は0.015元(0.225円)になった。例えばカプトプリル錠剤において、合計8社が落札したものの、基本的に超低価格であり、最も高い落札価格でも常州製薬の0.03元(0.45円)であった。

 

労せずに半分の市場を獲得

激しい競争となった品種もある一方、労せずに市場シェアを獲得した品種もある。

例えば、モキシフロキサシン塩化ナトリウム注射液の調達規模は17.59億人民元(約264億円)と最も高く、56品種の中で第1位であるものの、バイエル、天津紅日薬業、海南愛科製薬の3社のみが申請要件を満たしており、入札の結果、98.88元(1,483円)/袋の価格で入札したバイエルは落札できず、残りの2社で国内最大の市場を分け合っていくことになった。この2社は今まで病院の市場に進出していないにもかかわらず、今回の量的購買により労せずに市場を獲得することができた。

また、メコバラミン錠剤の調達規模は11億9200万元(約179億円)に達し、5位にランクされるものの、品質再評価で適合となった企業が少なく、先発メーカーであるエーザイ、その他中国GEメーカー2社だけであった。結果として、エーザイが0.16元(2.4円)/錠で市場の半分を獲得し、残り半分の市場をGEの1社が0.176元(2.64円)/錠で獲得することができた。

 

先発は3社のみ落札

第3弾量的購買では、194社の製薬会社が合計354品目の価格を提示した。そのうち外資系企業から提出された43品目で、18品目は基準価格(最高有効申請価格)より低く提示されたものの、残りの25品目の提示価格は基準価格よりも高い価格を提示していた。例えばノバルティスのレトロゾール錠(提示価格VS基準価格:36.3元/錠VS 9.528元/錠); ロシュのカペシタビン錠(提示価格VS基準価格:24.833元/錠VS 7.6667元/錠); Eli LillyのオランザピンOD錠(提示価格VS基準価格:18.559元/錠VS 9.257元/錠) );BMSのメトホルミン塩酸塩錠(提示価格VS基準価格:1.4元/錠VS 0.2元/錠)。これらの25品目は入札ルールから、入札は「無効」となり、落札にならなかった。

先発会社においては、ファイザー、エーザイ、UCBのみが、それぞれリネゾリド錠、メコバラミン錠、レベチラセタム注射濃縮液を落札する結果となった。

 

第3弾量的購買の結果から見ると、トップに位置する中国製薬会社が量的購買の主力である一方で、先発製薬会社は中国の市場から撤退しようとする構図にみえる。量的購買の対象として選ばれた上位10社をMENETが分析した結果、これらは基本的に中国のトップ製薬会社であり、強力な製品ラインとAPIの利点がある。 またこれらの製薬会社は、基本的には中国の品質再評価において主導的立場にあり、国家の医療政策を有効に活用し、量的購買でもよい結果につながると考えられる。今回の対象である55品種のうち、ほとんどが先発医薬品で絶対的なシェアを占めていたが、国産ジェネリック医薬品が高い値下げ率で入札を勝ち取った。今後、特許期間を経過した高額な先発医薬品を臨床的に代替することは間違いなく進み、今後の中国市場の構造は急速に変化していくことが予想される。

 

参考:上海集中入札購買管理事務所のウェブサイト(SMPA)

ページトップ